世界を極めろ!旅行道(りょこうどう)の勧め

  • 2023-09-11
  • 2023-12-09
  • Travel
  • 20view

旅行とは人生そのもの。旅行をするには「金」、「時間」、「健康」すべてがそろっていないとすることができません。1つでもかければできませんので非常に条件の厳しい、贅沢な趣味です。さらに私は「計画」が重要だと考えます。

学生時代、バックパッカーだった私は社会人になっても、海外駐在員としてイタリア、オランダに住んでも、一人旅、家族旅、を続けています。今まで訪問した国は90カ国、世界遺産は300か所以上、訪問都市は約800都市。ツアー旅行は一度もしたことがありません。

自分でプランを立ててその国の宗教、文化、食、観光、自然、人に直に触れ合うことが重要、最高の喜びと考えています。ツアー旅行は連れて行ってもらうもので、本当のその国の良さは分からない、しばらくしたら忘れてしまいます。またツアー旅行は待ち時間が多く、無駄な時間が多くもったいないです。

私は、「旅行道(りょこうどう)」というものを提唱したい。「旅行道」とは、その国に訪問して、宗教、文化、食、観光、自然、人にふれ合い、その国の人たちや文化を理解しようとすること。ただ現地に行って楽しむだけではありません。以下に私が考える旅行道について述べていきます。

世界中の国、人たちと触れ合るためには多くの国に訪問する必要があります。上述したように「金」、「時間」、「健康」、さらに「計画」を考慮して以下のことを実行しましょう。
(1)旅行のプランを立てる
(1)-1:なるべく早い時期に予約する
フライトは残席が少なくなるとチケット代が高くなっていきます。また条件のよいフライトは人気が高いので早く満席となります。旅行を安く、なるべく現地に長くいるためには、より早くフライト、ホテルを予約する必要があります。半年以上前に計画をしてフライトやホテルを予約することをお勧めします。フライトは1年前から予約できます。GWやお盆、年末年始でも1年前に予約すれば安く、また好条件のチケットを取ることができます。

(1)-2:どの国にどの時期にどうやって行くか?
祭り、雨季、乾季、飛行機、バス、電車
外務省のHP、その国の治安情報を確認する。

(1)-3:その国のどの町に行くか?
(1)-4:その国の世界遺産を調べる
(1)-5:観光地、宗教施設、博物館、美術館、レストランなどの詳細を調べる
(1)-6:その国の歴史、宗教、治安について調べる
(1)-7:詳細日程プランを作成する

(2)現地についたらすること
(2)-1:到着した空港、港で細心の注意
(2)-2:物価を理解、認識する
(2)-3:現地の言葉を覚える

(3):その国を楽しむ!
(3)-1:早寝早起きの行動を
(3)-2:宗教施設(教会、寺、モスク)が重要
(3)-3:名物料理を食べつくそう
(3)-4:現地の人と話そう
(3)-5:予定外、ハプニングに柔軟に対応する
(3)-6:旅行が終わるまで気を緩めない

 

最新情報をチェックしよう!