【広島原爆ドーム】毎日8:15に何が起きる?!「ノーモアヒロシマ」を訴える平和の時計塔の音色!

  • 2022-08-10
  • 2022-08-10
  • Japan
  • 36view

みなさん、こんにちは。8月6日は広島原爆の日。地球上で2度と原爆は使われないようにしなければなりませんね。

Youtube Timeline
0:00 広島に原子爆弾
1:28 毎日8:15に何が起こる?!
2:19 おりづるタワー内部へ
3:23 平和記念資料館
3:45 八昌のお好み焼き

第二次世界大戦中の1945年8月6日朝8時15分
アメリカ軍のB-29爆撃機「エノラ・ゲイ」が広島に原子爆弾「リトルボーイ」を投下しました。
原爆投下の43秒後、当時、広島県のさまざまな物産を展示するための広島県産業奨励館のほぼ真上上空600m付近で爆発しました。
建物は0.2秒で通常の日光による照射エネルギーの数千倍という熱線に包まれ、地表温度は3000℃に達しました。
衝撃波を伴う爆風、爆風圧により3階建ての本体部分はほぼ全壊しましたが、中央のドーム部分だけは全壊を免れ、枠組みと外壁を中心に残りました。この原爆により広島市民14万人もの人々が犠牲となりました。

市民からは当時を思い出すので取り壊しすべきという意見もありましたが、1967年核兵器による破壊の悲惨さの象徴・人類全体への警鐘のため保存することに決定。
その後、通称原爆ドームは1996年平和を訴える記念碑として世界遺産に登録され、いわゆる負の世界遺産の1つとなっております。

原爆ドーム近くの「平和の時計塔」では原爆が投下された朝8時15分、1分間のチャイムが鳴ります。
8月6日だけでなく、毎日朝8時15分にチャイムは鳴ります。なんとも言えない悲しげな音色ですね。

また、2016年、原爆ドームの真横に13階建てのおりづるタワーがオープン。入場料1700円と高いのですが、最上階に行ってみました。
窓がなく、ふきさらしで全て木でできていて癒される空間といった感じで驚きました。奥まで進み下を見ると、原爆ドームが見えます。
原爆ドームを上から見れるのはここだけです。
途中の階では体験型ゲームをしたり、折り紙で鶴を折って、下に投げ落とすことができます。

広島平和記念資料館は2019年にリニューアルしました。
私が何十年も前に行ったときは、ケロイドの人間とか、写真や展示物はかなりグロい感じでしたが、リニューアル後は美術館といった感じで、エグい展示は取り除かれたようです。それでも被害にあった方々の写真や手紙など胸に刺さる展示も多いです。

●広島料理
広島といえば、そばが入ったお好み焼き!一番人気の八昌に行くと長蛇の列が!2時間並んでようやく店内へ。目の前の鉄板で焼いてくれます。
ソースとマヨネーズをたっぷりかけていただきました!八昌のお好み焼きは最高!2時間も並べないという方はテイクアウトを予約できるのでお勧めですよ。

以上、ご視聴ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!