死ぬまでに食え!(4)ベトナムのブンチャー

死ぬまでに食えシリーズ第四弾は、初めてのアジア!ベトナム、ハノイの名物料理ブンチャーです。ブンチャーとは、深く揚げた春巻き、ハーブ、青パパイヤと米麺のつけ麺料理です。ベトナムの料理、食べ物は何でもおいしいのですが、このブンチャーは特に別格のうまさ!ブンチャーを食べるためだけにハノイに行きたい!


Bun Cha Dac Kim(ブンチャー・ダッキム)
住所:1 Hang Manh, Hang Gai, Hoan Kiem, Hanoi
時間:9時~21時(無休)
http://bunchahangmanh.vn/
おすすめ度:★★★★★

店の外、路上で春巻きを通常よりも長い時間、カリカリになるまで揚げます。これがうまいんです!

いつでも満員!活気があってにぎわっています。

私の友人がここに連れてきてくれました。彼は会社のベトナム工場の社員で私が若いころ、日本の社員寮に研修に来て、土日はよく遊びに行っていました。なのでいつか彼に会うためにハノイに行きたかったのです。バイクの後ろに乗せて観光案内をしてくれました!

名物料理ブンチャーはこんな感じです!なかなか衝撃的な料理ですね、奥にあるハーブ類が山盛り!春巻きと肉団子、手前には米麺、左奥にあるのは青パパイヤのスライス。日本のベトナム料理店でもブンチャーを出す店はあるようですが、この青パパイヤの実がなかなか手に入らないようです。でもベトナム人に言わせると、この青パパイヤがないとブンチャーとは言えない、それほど重要!とのことです。

ハーブ、パクチーが山盛り!このタケノコみたいなのが青パパイヤ!
 
こんな感じで、米麺に春巻きやハーブ、青パパイヤなどを入れてツユを足して食べます。これはうまい!めちゃくちゃうまい!何杯でも食べられます。最高!また食べに行きたいなあ。

さて、おまけにもう1つ、有精卵のゆで卵、バロットです。ベトナムの友人が日本に来ていた時、いつもこの料理がうまい!と絶賛していたので食べてみたかったのです。日本ではまず食べることができない、有精卵のゆで卵!見た目はかなりグロテスクです。。。(上記の店にバロットはありません)
ヒナになりかけの状態の卵を茹でてゆで卵にします。殻をむくとこんな感じ。ひよこになりかけでちょっとグロテスクです。もっとヒナに近い状態でゆで卵にするとかなりグロテスクのようです。。。
 
塩をかけ、コリアンダーを添えます。食べてみると・・・・うーん!非常に濃厚でうまい!栄養満点ですね。たまに骨っぽいものがあったりしますが、かなりおいしいです。

ベトナムに行ったら、ブンチャーとバロット是非試してみてください。ブンチャーはハノイでしか食べられませんので要注意です!

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。