死ぬまでに食え!(2)フィンランド、サンタクロース村の「サーモン炙り焼き」

死ぬまでに食え!シリーズの第二弾は、フィンランド北部にあるサンタクロース村のサーモン炙り焼き専門店です。人生で最もおいしいサーモン、鮭でした。また食べたい!
まずはサンタクロース村は、以前紹介したサンタパークのそばにあります。フィンランド北部、北極圏にあるロバニエミという小さな町です。
数年前に財政難からつぶれそうになりましたがなんとか持ちこたえました。サンタクロースはここ、サンタクロース村に住んでいるのです!
 
サンタクロース村
https://www.visitrovaniemi.fi/ja/

サンタクロース村には郵便局があって、住所を書けば世界中どこにでも手紙を送ることができます。たくさんのサンタの絵葉書があるので、それを買い、自分で手紙を書いて切手を貼って出します。

こんな感じで世界中に手紙を出せるのです。オレンジ色と赤色のポストがありますね。1つは手紙を出したらすぐに届くポスト、もう1つはクリスマスに合わせて手紙が着くポストです。なかなか気が利いていますね。

北緯66度33分から北の地域を「北極圏」と言います。サンタクロース村にはこの北極圏のラインがあるのです! 
サンタクロース村の中にログハウスがあり、ここはサーモン炙り焼き専門店!メニューはサーモン焼きのみ!これがめちゃくちゃうまい!

Santa’s Salmon Place Restaurant
住所:Santa Claus Village, Tähtikuja 1, 96930 Rovaniemi,Finland
電話:+358 46 5451507
時間:11時~17時
http://santas-salmon-place.com/

おすすめ度:★★★★★
日本の鮭とは違って、脂がのった肉厚のキングサーモンを豪快に薪の火であぶります。見てください、このサーモン!一切れがでかいし、厚さは3㎝以上はあります。日本ではなかなか見ることができない特大サイズの切り身です。基本的には塩をまぶして焼くだけ!
食事メニューは基本的に1つだけです。炙り焼きサーモン、パン、フィンランドサラダ添えです。
FRESH SALMON COOKED ON OPEN FIRE AND SERVED WITH FINNISH SALAD AND WARM BREAD = 22euro

こんな感じで網で挟み、じっくり焼き上げます。網をひっくり返して裏面も焼きます。

美味しそうにこんがり焼けました!
盛り付けはシンプルかつワイルド!紙の上に焼きたてのサーモン、左にはパン、右はポテトサラダ。
  
柔らかくて簡単にほぐれる感じ。濃厚な脂と塩味が合わさって最高の味です。こんなうまいサーモン食べたことがありません!このサーモンを食べるためだけにサンタクロース村に来てほしい!もちろんサンタさんにも会って!

おなかも膨れたところで、メインのサンタクロースが住むサンタクロースオフィスに向かいます。やはりクリスマス時期は混んでいて行列ができるそうですが、私は6月の平日に行ったのでガラガラでした。6月に行くと、白夜!日が沈みませんでした。とっても気持ちよかったです!
ちなみにクリスマス時期に行くと逆に陽が登らず1日中夜、気温は-30℃くらいになりますのでご注意ください!

テーマパークのような感じ!サンタクロースのプレゼントなどを見ながら進んでいきます。

ハリウッド俳優なども来ていますね!サンタと一緒に写真を撮っています。ようやく入り口に到着。ここで順番を待ちます。  
親戚と合わせて2家族、7人で入りました。サンタクロースと5分ほど一緒に話をすることができます。

自分のカメラでは撮影禁止ですが、設置されているカメラで写真、動画を撮影されていて、終わると買うことができます。買わなければタダ!でもここまで来たら買いますよねえ。。。写真と動画セットで60Euro、約8000円と高額ですが、買いました。
他には外に子供用の公園があるので、子供は楽しく遊べます。

さらにはトナカイ牧場もあって、触ったり、餌をあげたりすることができます。6月のトナカイは毛が生え変わる時期のようで、毛がボロボロと抜け落ちていました。。。角を触ると、柔らかい毛がびっしりと生えていて、しっとりしていてかなり脂っぽい感じ、さらに臭い。。。。角は触らない方がよいです。

というわけで、サンタクロース村の炙り焼きサーモン!絶対おすすめです!

最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。